エコのことを考えて、プリンターの備品でリサイクルタイプを使います。価格が安いのが魅力になります。

これからの日本のエコとリサイクル
これからの日本のエコとリサイクル

エコのためにリサイクル回収されるプリンターの備品

これからの日本のエコとリサイクル
自宅のプリンターは、インクジェット型のプリンターを使っています。液体状のインクを紙に吹きかけることで色を出すようにしているようです。プリンターによって違いますが、それぞれの色ごとにインクタンクを持っているものもあれば、すべてのインクが一つにまとまっているインクタンクもあります。色ごとに分かれていれば、それぞれの色がなくなったときに、その色だけを補充することが出来ます。まとまっていると、他の色が残っていても、変えなければいけません。

会社などにおいては、レーザープリンターを使うことが多いです。こちらは粉状のインクが入ったインクカートリッジを取り付けます。インクの様子はわかりにくく、機械のような形をしています。数万円するものもありますから、負担も大きいです。これらの備品において、メーカーにおいて回収をしていることもありますが、別の業者が回収していることもあります。カートリッジなどを回収してリサイクルして利用するようです。それによってエコにつながります。

メーカーが行う場合は、部品を分解して行うのでしょうが、業者が行う場合は、なくなったインクの部分に、インクを充填することで行うようです。インクジェットプリンターのインクで、純正が千円ほどするものについて、業者が充填したものを使うと百円ほどで購入できることがあります。インクのコストは下がるのですが、プリンタにトラブルが発生した時にサポートしてもらえないことがあります。利用のときは、それを意識して行います。

お役立ち情報

Copyright (C)2017これからの日本のエコとリサイクル.All rights reserved.